明るい所で白い壁、青空などを見た時、目の前に虫や糸くずなどが飛んでいるように感じたことはありませんか?このような症状を「飛蚊(ひぶん)症」と呼びます。
先日60歳くらいの男性が、「以前から、目の前に黒い点が飛んでたんやけど、昨日からえらい増えてきて」と、来院されました。眼底を調べると、網膜の一部に穴が開いており、その上を走る血管の一部が破れて出血を起こしています。そのまま放置しておくと、網膜剥離に進展する可能性が高かったので、早速その穴の周りをレーザーで焼き固めました。飛蚊症が、網膜剥離への警笛となったわけです。
飛蚊症を引き起こすこの黒い点は、硝子体と呼ばれるゼリー状の透明な部分に何らかの原因で濁りが生じ、その濁りの影が網膜に映って起こります。この飛蚊症には、放置しておいてよいタイプと、治療を必要とするタイプがあります。後者には、硝子体出血、網膜裂孔、網膜剥離やぶどう膜炎などがあり、その中でも網膜剥離は硝子体の液化が進む50
歳代が好発年齢です。50歳を過ぎるころになると、目の中の硝子体が徐々に収縮し、網膜からはがれてきます。この時、網膜が引っ張られ弱い部分に裂け目が生じてしまうことがあるのです。若い人でも、強い近視の方には同様のことが起こりやすくなります。
眼底検査の結果、生理的なものと診断された場合、あまり気にすることはありませんが、残念ながら症状をなくす方法はありません。上手に付き合っていくしかないのです。ただし、飛んでいるものの数が増えたり、大きさが変化した場合は、再度精査をおすすめします。

きたの眼科:北野保子院長
診療所では、場合により在宅医療、往診にも対応。電話予約、電話相談にも応じる。星ヶ丘厚生年金病院、そのほかの病院との病診連携を行っている。
枚方市中宮西之町15-18-101 TEL072-890-2929

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL

*

ページ上部に