成熟女性の「卵巣」から毎月排卵があります。これは脳下垂体から分泌される性腺刺激ホルモンの影響で卵胞上皮とその中心にある卵からなる原始卵胞が大きく成熟卵胞となり、破裂して排卵現象が起こります。女性は生まれた時には既に、4万~8万個の原始卵胞を卵巣に持っています。排卵の度にこの中の15~20個ほどの原始卵胞は同時に発育しますが、最終的に1個の卵が成熟卵となり排卵されます。ほかの卵は萎縮退化し、閉鎖卵胞となり、月経時排出されてしまうのです。
 女性の更年期障害の原因は、閉経前後に、卵胞の成熟が停止し退化する、ひいてはホルモンの分泌低下が大いに影響しています。病院での一般的な治療法はそれを解消するため、女性ホルモンであるエストロゲンの内服・注射です。
 しかし危険も多いのです。エストロゲン過多により男性では前立腺がん、女性では乳がん、子宮がんになる率が高いとも言われています。従って前立腺がん、乳がん、子宮がん、子宮筋腫、子宮内膜症、卵巣腫、血栓症、肝腎心疾患、高血圧、糖尿病の人には、リスクが非常に高いので一考を要します。
 そこで登場するのがサプリメントです。
※大豆イソフラボンは、ポリフェノールの一種で女性ホルモンエストロゲンと同じ働きです。体内で生成されるエストロゲンより多く、エストロゲン剤の投与よりがん発生率は低いようです。
※亜鉛は不足すると女性ホルモンの働きやバランスが悪くなります。男性では性ホルモン合成を促進し、精子を作る手助けをしたり、活発にさせます。
※カルシウム、ビタミンEも大変影響があります。
 私の治療法は「気功療法」です。不思議と早く効果が出て、副作用がなく、気持ちよく回復し、元気な元の体に戻るので大変喜ばれています。あらゆる症状を改善していくので呼吸法は実に素晴らしいと思います。
 生理痛はもとより不眠、冷え性、肩こり、不妊までも改善する優れもの、この気功は誰でもができ、誰もが享受できる、地球上の人に公平に与えられている宇宙のエネルギーです。

吉見カイロプラクティック クリニック
吉見 猪之助院長
気功とカイロプラクティック療法で難病患者の施術も。毎水曜枚方駅前教室などで気功教室開催中。
東大阪市花園東町1の17の2 tel.072(961)4433
http://www.jin.ne.jp/yoshimi 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL

*

ページ上部に