今回も、患者さんの手記からです。
◆「手術せずに膝を完治」
 多○ 勇(大阪市63歳)
 建築関係の仕事をしているので、若いころから重い物を持ち上げたり、変則的な体形で作業する事が多く、自分で知らない内に脊椎が変形していたのだ、と吉見先生に説明していただき納得しました。
 現在、私は63歳ですが、最近は建築現場でも機械の進歩によって重量物を扱う事が多くなりました。そのため、体に無理が生じて、左膝がはれてうずくようになったのです。
 病院に行ったところ、膝に水がたまっていると言われ、水抜きを2回ほど受けました。ところが、その直後から歩行困難な状態になってしまい、柱やタンスにつかまらなくては立てなくなりました。病院の医師によれば、切開しなければダメだと言うのです。この年になって何で切らねばならないのか内心不満でした。
 吉見先生の所に初めてお邪魔した時、治療の時間でも何だか雰囲気が楽しくてしょうがなく、病院でこんな気持ちになった事はありませんでした。先生のお話によれば、脊椎から治療すれば腰、足も自然に治るとの事でした。
 こうして通院を始めてから3回目にはすり足で歩けるようになり、5回目からはどうやら仕事もできるようにまで回復したのです。一か月は自宅で静養した後、今では仕事に復帰できました。気功とハイテクの機械と組み合わせた吉見先生の治療にはただただ目を見張るばかりでした。
 
吉見カイロプラクティック クリニック
吉見 猪之助院長
気功とカイロプラクティック療法で難病患者の施術も。毎水曜枚方駅前教室などで気功教室開催中。
東大阪市花園東町1の17の2 tel.072(961)4433
http://www.jin.ne.jp/yoshimi 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL

*

ページ上部に