見ようとする中心部分が暗く感じる、色が違って見える、直線がゆがんで見えるなどの症状が、30~40歳ころの男性に起こった場合、中心性漿液性網脈絡膜症という病気がまず考えられます。
 網膜の下には脈絡膜という膜があるのですが、この病気では、網膜の中心の黄斑部といわれる所で、脈絡膜側の水分が網膜下に漏れ出してきて水ぶくれを生じます。その結果、前記のような症状が現れるのです。
 原因ははっきり分かっていないのですが、働き盛りの男性に過労、睡眠不足やストレスがたまった時に発症しやすい傾向があります。通常は片目に起こりますが、時期をずらして両目に起こる事もあります。
 眼底検査で黄斑部に水ぶくれが発見され、この病気が疑われた場合、診断確定のために蛍光眼底造影という検査が行われます。腕の静脈に造影剤を注射し、それが眼球内に到達する時の様子を観察する検査です。この検査で、どこから脈絡膜側の水分が網膜下に漏れてきているのかを知る事ができます。
 この中心性漿液性網脈絡膜症は、基本的には良性の病気で、3~6か月で自然治癒するケースが多いです。ただ、経過が長引いたり、再発を繰り返す症例では、レーザーによる治療を必要とする事もあります。


きたの眼科:北野保子院長
診療所では、場合により在宅医療、往診にも対応。電話予約、電話相談にも応じる。星ヶ丘厚生年金病院、そのほかの病院との病診連携を行っている。
枚方市中宮西之町15-18-101 TEL072-890-2929

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL

*

ページ上部に