患者さんの手記から。
◆腰椎すべり症から回復
    ○本美○子さん
 (奈良県天理市 58歳)
 一晩中座ることもできず、また寝ることもできないで、立ったままで過ごしたのですが、翌日、別の整形外科に行き、注射と投薬の治療を5か月続けました。しかし、薬をやめると足がすぐ痛くなってしまうのでした。
 とうとう痛む足を引きずって最初の病院を再度訪れることになったのです。レントゲンを撮ってもらい、「手術しましょう」とはっきり言われてしまいました。背骨の手術をする、そう聞いただけでも不安になり、何とかして手術をしないで済むことはないだろうかとアレコレ、クヨクヨ悩んでいたのです。
 この時期、最小限の家事だけをこなし、後は寝転んでいたのですが、新聞を見ていると、吉見先生のことが載っていたのです。わらをもつかむ気持ちとはこのことだったのでしょう。
 一応電話をしてみたものの、通院するにはあまりにも距離が遠く、不可能だと自分であきらめてしまいました。その後も痛みはひどくなる一方で、とうとう吉見先生の所を訪ねる決心をしたのが3か月後でした。

吉見カイロプラクティック クリニック
吉見 猪之助院長
気功とカイロプラクティック療法で難病患者の施術も。毎水曜枚方駅前教室などで気功教室開催中。
東大阪市花園東町1の17の2 tel.072(961)4433
http://www.jin.ne.jp/yoshimi 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL

*

ページ上部に