「治療方針は患者様の全体像を見極めた上で」
 前回、当心臓血管センターの基本方針は、「救急患者様優先」と述べました。今回は、治療方針について述べます。
 一口に「救急の患者様」と言っても千差万別です。40歳の方もいれば90歳の方もいます。身寄りのない方や、寝たきりの方もいます。同じ疾患でも、その患者様の全身状態や社会的状態に応じて治療方針を決める必要があります。
 当センターでは、様々な心臓病の患者様に対応するため、心臓カテーテル室、CCU、心臓リハビリ、マルチスライスCT、和温療法(心不全の患者様への温熱療法)の施設があり、不整脈のカテーテル治療やペースメーカー治療も行なっています。
 ただ一番大切なのは、その患者様に対して最適の治療を選択することだと考えています。カテーテル治療に偏ることなく、投薬による治療、生活、食事指導を含めた再発予防にも力を注いでいます。地域の開業医の先生方と協力しつつ、患者様が安心して、いつでも受診できる病院を目指しています。

枚方公済病院 田中 満 診療部長
枚方市藤阪東町1-2-1 TEL 072(858)8233
http://www.kkr-hirakoh.org

田中満先生プロフィール
日本外科学会専門医・日本消化器外科学会認定医
【診療科目】
内科・小児科・外科・皮膚科・整形外科・消化器科・循環器科・リハビリ科・放射線科・眼科・婦人科・歯科・口腔外科・呼吸器科・リウマチ科・神経内科・小児外科・肛門科・耳鼻咽喉科

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL

*

ページ上部に