この時期、「目がかゆい」と言って受診される「花粉症」の患者さんが増えています。今年は花粉の飛散量が例年の2~3倍と言われ、症状もより悪化している方が多いようです。
 毎年同じ時期に決まって花粉症になる、または原因となる花粉の種類が分かっている場合は、初期療法といって、花粉が飛び始める2週間ほど前から治療を開始し、症状が出るのを遅らせたり、ピーク時の症状を軽くする方法もあります。この場合、抗アレルギー点眼薬という、症状を起こしにくくさせる目薬を使います。
 それでもアレルギー性結膜炎が重症化してしまった場合は、短期間だけステロイドを使用します。これらの治療を行っても症状がなかなか良くならない時は、原因として、ドライアイ、アトピー性皮膚炎、コンタクトレンズの使用によるものなどが考えられます。
 ドライアイがあると、原因となっている物質が涙で洗い流されることがなく、目の表面に長くとどまります。アトピー性皮膚炎があると、目の中だけでなく目の周りもかゆいため、どうしても強くこすってしまい、更に症状を悪化させるケースがあります。コンタクトレンズは、涙の循環が悪くなり花粉が目の中に残りやすく、またレンズの表面に付着して更に症状を悪化させます。
 この時期は、なるべく眼鏡で過ごし、どうしても無理な場合には、1日使い捨てタイプのコンタクトレンズに替えるといった配慮が必要です。


きたの眼科:北野保子院長
診療所では、場合により在宅医療、往診にも対応。電話予約、電話相談にも応じる。星ヶ丘厚生年金病院、そのほかの病院との病診連携を行っている。
枚方市中宮西之町15-18-101 TEL072-890-2929

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL

*

ページ上部に