先月まで気功の効果について書きました。今回は、「どんな病気に効くのか」との多くの質問について、現在来院されている患者さんの病気を紹介してその答えとします。
 目が開いたまま閉じられない、反対に目を開けると眼底が痛み開けていられない、がん、クローン病、ガングリオン、頭痛持ち、メニエール病、首痛、肩が痛くて腕が上がらない、腰痛(すべり症、椎間板ヘルニア、椎間関節骨折)、肩関節習慣性脱臼のプロレスラー、膝関節症、難聴または耳鳴り、白内障、アトピー性皮膚炎等々まさに病気の総合商社。
 一人ひとり症状が違いますので、色々チェックをして、原因は何かを丁寧に探します。原因は予期せぬ場所に潜んでいる時もあります。
 薬に頼らない治療、患者さんの精神的、肉体的負担を最小限にした治療を施せるのも、柔道整復師であり、米国で勉強したカイロプラクターであり、世界医学気功学会理事を務める35年の実績が、私の自信となっているからです。医師や看護師さんも治療に来られています。

吉見カイロプラクティック クリニック
吉見 猪之助院長
気功とカイロプラクティック療法で難病患者の施術も。毎水曜枚方駅前教室などで気功教室開催中。
東大阪市花園東町1の17の2 tel.072(961)4433
http://www.jin.ne.jp/yoshimi 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL

*

ページ上部に