豪雨が続いた後、各地で35度を越える猛暑にさらされると多くの人が参ってしまう。急激な外部の変化に体の対応が追い付かないためである。
 じとーっとした汗は気持ち悪く、精神衛生的にも良くない。どーっと噴出した汗は、後が気持ち良い。であれば、必然的に風呂で汗を出すか、運動をして汗を出すかであろう。運動により汗を出すとエネルギーを消費するため、腹が減る。 腹が減ったら食欲が出て、食事がおいしい。風呂で汗を出すよりさらに気持ち良く、健康に非常に良い。
 とは言っても、激しい筋肉運動が苦手な人も多い。そんな人に最適なのが『気功』である。
 気功は体の動きはそう速くはない。しかし結構、汗をかく。なぜかと言うと、気功は体の内部、すなわち気の流れと血の流れを良くするため、筋肉運動をした時よりも効果が高いのである。筋肉の持続力が増し、パワーもアップする。その 上、内臓が強化され、病気の改善や予防に役立ち、細胞の一つ一つが活性化するため免疫力も高まる。加えて知力も向上するから、気功はまさに、一石三鳥、いや、四鳥にも。
 一度体験されては?まずは、お電話を。

吉見カイロプラクティック クリニック
吉見 猪之助院長
気功とカイロプラクティック療法で難病患者の施術も。毎水曜枚方駅前教室などで気功教室開催中。
東大阪市花園東町1の17の2 tel.072(961)4433
http://www.jin.ne.jp/yoshimi 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL

*

ページ上部に