漠然とした質問で申し訳ないのですが、成長とともに、性格は変わるのでしょうか?最近、子どもの言動が荒れ出してきています。恐らく私の過去の子育てが悪かったのだと思います。今後、親のかかわり方で、子どもの性格を変えることはできるのでしょうか?

 結論から申し上げますと、お母さんの力で子どもは変わります。私の嫌いな言葉(昔はお気に入り)は、「過去と他人は変えられない」という言葉です。私が代表を務める関西カウンセラーズ研究会で年度の終わりに「ビフォア、アフター」の発表会をします。カウンセリングを学んで自分自身、何がどう変わったのかという発表です。
例を挙げますと、「『マイナス思考とは、危機管理能力があるということだ』と聞いて、楽になった」「『自分の持つ感情には善悪はない』と聞いてから、あるがままの自分で良いと思えた」「過去に起こった出来事自体を変えることはできないけれど、過去にとらわれて生きてきた自分が、今は過去を『とらえて』生きていくようになれた」など。会員の皆さん、すごい変化です。すごい成長です。
前述の会員さんの声をご紹介したのは、決して私の自画自賛ではありません。言葉との出合い、仲間との出会い、自己洞察力の向上のたまものです。また、会員さんの喜びの言葉を聞いて、私も変化し成長の機会を頂いております。
「過去へのとらわれから、過去をとらえて生きる」。それがきっかけとなり、自分自身が変わった。これは厳然たる事実です。
最後に、私の好きな言葉を紹介します。「人間、いつからでも、どこからでも変わることができる」「人は変化したいと思った時点で既に変化し始めている」。必ず子どもさんも変わります。過去を責めないで、今を生きてください。

こころの教育Q&A 子どもの心理を知ろう
家庭教育専門カウンセラー 深田 昭一 さん
心理分析室 深田昭一事務所
TEL 06(6942)0605

大阪青年会議所会員(文化都市推進委員)
元暴走族から更生、教師を経てカウンセラーに転身。現在、カウンセリング、並びに各地での講演活動を実践。テレビ、ラジオなどにも出演。