食べ物については、家族が食べ残した食事を、洗い物の前にお母さんが自分の口にパクリと入れますが、どこのお母さんも口がごみ箱になってしまっていて、健康を考えるとどちらがもったいないのか分かりません。
また、日にちがたって酸化してしまった食べ残しを、もったいないからと食べてしまいますが、発がんリスクを考えると、どちらがもったいないのでしょうか。
また、お金については、夏休みに家族そろって旅行に出かけることと、お金がもったいないからと旅行もしないとしたら。
老後を快適に過ごせるように家をリフォームする人と、お金があるのに寒い・暑い・汚いを我慢して古い家に生涯、住み続けることは。
定年退職後、仕事からも子育てや家族の責任からも解放され、本当に人生を楽しむ時に、お金がもったいないからと家に引きこもってしまうことはどうでしょうか。
過ぎたる浪費は「もったいない」かも知れませんが、毎月2、3万円くらいの小遣いで老後を楽しく過ごせるのならば、せっかくの人生を日々楽しく過ごさないのはもったいない話です。
私たち日本人は「もったいない」の心得を知る民族で、いつの時も無駄をしないようにと心がけていますが、見方によっては、どちらがもったいないことをしているかは一概に言えません。ミュニケーション倶楽部は、中・高年の方がいきいきと輝く人生を送っておられる登録制倶楽部です。

香里ヶ丘サロン シニア講座と説明会
60歳、70歳からの趣味と生きがいづくり 〜定年退職後の日々を楽しく〜
9月10日(月)10:00〜 無料

ハイキング、史跡めぐり、季節の花観賞、グルメ、50種以上のカルチャー
お申込・お問合せ 「ロイヤルコミュニケーション倶楽部
フリーダイヤル 0120-135-689

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
Google Mapsルートを検索

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

ページ上部に