桜の花の美しい季節、アレルギーの方にとってはつらい季節ですね。
今回は花粉症対策のハーブティーをご紹介致します。
症状がどこに強く出ているのかによって、選ぶハーブも若干違ってきますが、アレルギー対策にはネトルというハーブをよく利用します。
ネトルは、ヨーロッパの伝統的な春季療法に用いられてきた長い歴史がり春先のハーブとして知られています。
春季療法とは、冬に体の中にたまった毒素や老廃物を出す浄化療法です。また、ネトルはドイツ薬用植物効能公的評価委員会で承認されアレルギー性鼻炎、花粉症の効果・実績より「天然薬」との呼び名があります。
尿酸など老廃物の排泄を促進し、血液を浄化する、まさにデトックスハーブの代表と言えます。また天然のマルチビタミンミネラルと呼ばれるほど、豊富な栄養素を含んでおり、特に鉄分が多いため貧血気味の方や妊婦さんにもおすすめです。
ハーブティーはシングルで飲むよりも数種類をブレンドして相乗効果を狙う方がより効果的です。効果的なブレンドを学びたい方には、ただ今スクールを開講中です。
ほかに、4月の勉強会「アレルギーの理由」も開講。
4月4日(木)13時〜15時 会費5千円(限定5人様) 会場・申込くずは統合医療クリニック(下記住所6階)
TEL 072(836)1050

日本メディカルハーブアカデミー主宰 ホリスティックハーブ研究家 代表理事 佐藤忍
枚方市南楠葉1の1の27
TEL 072(807)3566

一般社団法人 インターナショナルプリベンティブ ヘルスケア(IPH)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

ページ上部に