子どもが悪さをした時に、「反省しているの」と叱りつけます。
その時、口では反省していると返事をしていても、「皆も一緒にしていた」とか「あの時は仕方がなかった」とかの言い訳が入ると、「本当に反省しているの!」と、また叱ることになります。
なぜならば、理由があればまたしてしまうことになるからです。
デモ隊が商店を襲って略奪行為をしている映像を見て、これは泥棒行為であるという考えを持つことが重要です。
皆も一緒にしているので、「悪い」という意識が薄れるものですが、後で冷静になって考えてみれば「大変なことをしてしまった」と気付くのでは遅すぎます。
世界の歴史においても、戦で勝った者が領土を奪い植民地にしたり、敗者を奴隷としてこき使っていたという長い歴史がありますが、現在において、世界の人々はどんな理由があってもそのようなことは二度としないと誓い、過去の過ちに言い訳なしに反省しています。
私たちシニア世代の日本人も反省すべきは言い訳なしに反省し、世界の人々と仲良くし、とりわけ中国、韓国、アジアの人たちと仲良くすることが子どもたちの未来に重要です。
そして、一度過ちを犯したからといって、自分の優位性を保つために、反省している人をいつまでも責め続ける人にはならないことです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・
ロイヤルコミュニケーション倶楽部は、中・高年の方がいきいきと輝く人生を送っておられる登録制倶楽部です。

香里ヶ丘サロン シニア講座と説明会
60歳、70歳からの趣味と生きがいづくり 〜定年退職後の日々を楽しく〜
6月10日(月)10:00〜 無料

ハイキング、史跡めぐり、季節の花観賞、グルメ、70種以上のカルチャー
お申込・お問合せ 「ロイヤルコミュニケーション倶楽部
フリーダイヤル 0120-135-689

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

ページ上部に