シニア世代の皆さんは大事な退職金をどのように資産運用していますか。
今の低金利の時代では銀行に預けていても少しの利息しかなく、さりとて、利回りの高い金融商品はリスクも高く、一般庶民には危険です。
今回、そのような資産運用で大変面白い出来事がありました。
兵庫県の朝来市で市の基金60億円余りを運用のため為替相場に連動した「仕組み債」などを購入したものの、運悪く15億円もの評価損を抱え、「リスクの説明が不十分だ」として購入元の金融機関2社に対し損害賠償請求訴訟を起こしたというお話ですが、このところのアベノミクス効果の円安で評価損が解消し、逆に4億円余りの利益が出たということです。
本来、損害賠償請求をした時点で契約無効を訴えているので、儲けたお金は返すのが道理です。
「リスクの説明がなかった」と騒ぐことは、大切な市民のお金60億円もの大金を運用するのに、自治体では「金融知識のある人が全くいませんでした」と言っているようなもので実に驚きです。
これがまかり通るのであれば、私たち、個人の場合は、契約の際に自分一人しか金融商品の説明を聞いていないので、恥を顧みないのであれば「リスクの説明がなかった」と訴える人が増えることになります。
・・・・・・・・・・・・・・・・・
ロイヤルコミュニケーション倶楽部は、中・高年の方がいきいきと輝く人生を送っておられる登録制倶楽部です。

香里ヶ丘サロン シニア講座と説明会
60歳、70歳からの趣味と生きがいづくり 〜定年退職後の日々を楽しく〜
7月8日(月)10:00〜 無料

ハイキング、史跡めぐり、季節の花観賞、グルメ、70種以上のカルチャー
お申込・お問合せ 「ロイヤルコミュニケーション倶楽部
フリーダイヤル 0120-135-689

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

ページ上部に