「運動不足の解消は日々の暮らしの中で心がけましょう」と、エレベーターを使わずに階段を上ったり、駅まで歩くように言われています。
普段、車を使っている人も、駐車場ではできるだけ遠くに止めて歩く距離を増やすことが健康にいいと思われますが、不思議と近くに近くにと駐車する習性があります。この習性を改めることが、今日の交通事故をなくすヒントになると思われます。
今、新学期も始まり児童や生徒の活動も活発になるのに比例して、悲惨な子どもたちの交通死亡事故のニュースが後を絶ちません。小学生や中学・高校生が事故で亡くなったニュースを見ると他人事とは思えず身が凍る思いをするのは、すべての人の共通した実感と思われます。この欠陥だらけの社会構造では、いつ自分たちが被害者になり、また、加害者になるか分からず不安な限りです。
戦争反対や原発反対などは声高に叫ばれるのに、子どもたちが現実に亡くなっている交通事故をなくすための声を上げる人は少数です。
人と車が混在しない未来型のスマートシティーづくりをすることが望まれますが、今やることは住宅地やスクールゾーンで人と車が混在しない時間帯をつくり、もっと歩くことを心がけることです。子どもたちにとって一刻も早く安全な街にすることが望まれます。
…………………………………………

ロイヤルコミュニケーション倶楽部は、中・高年の方がいきいきと輝く人生を送っておられる登録制倶楽部です。
香里ヶ丘サロン シニア講座と説明会
60歳、70歳からの趣味と生きがいづくり 〜定年退職後の日々を楽しく〜
5月11日(月)10:00〜 無料

ハイキング、史跡めぐり、季節の花観賞、グルメ、70種以上のカルチャー
お申込・お問合せ 「ロイヤルコミュニケーション倶楽部
フリーダイヤル 0120-135-689

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

ページ上部に