この秋、小学5年生が実用英検準2級に一次
(筆記、リスニング)、二次(英語面接)共に高得点で合格。面接の対策レッスンで、自分の考えを英語で表現できる力がついていることがはっきりとみられ、同席の保護者も驚かれていました。
 準2級は、大学入試センター試験レベル。全国の公立高校3年生の多数が、英検3級レベルで、国は準2級のレベルを目標に英語改革をしようとしています。
 二次試験の面接カードは、英文と絵からできていて、絵を読み解いて自分の言葉で表現する力をみます。基本的な表現で解答できる3級とは異なり、自分の意見を英語で表現する力が必要。例えば、「携帯電話を持っているか?その理由は?」を述べるなど。
 丸暗記型の学習では駄目で、自分で考える力が必要です。使用する語彙や表現の自由度があるので、英語ができる子にとっては、答えやすいと言えるかもしれませんが、まだまだ苦手な学習者が多いことでしょう。
 「考えて表現する力」、私が目指す英語教育の大きな柱の一つです。

Grace English School
TESOL(英語教授法)
修士 嶋村 久美子
交野市郡津・星田山手教室
TEL 072-893-1231 TEL 090-5881-9858
HPはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

ページ上部に