色々なことで頭痛に困っている人が多いですね。何例かあげてみたいと思います。

Q ぞくぞくと寒けがして発熱。首の後ろがこり、頭痛がした時は。
A 葛根湯(かっこんとう)や麻黄湯(まおうとう)でよくなるでしょう。

Q 胃腸が弱く足が冷えやすく、肩から首にかけてのこりも激しい。発作的なきつい頭痛や嘔吐も伴う。
A 体内に滞った水を取り除く呉茱萸湯(ごしゅゆとう)がいいと思います。これは胃腸が冷えて胃内に水がたくさんたまりすぎることで起こる頭痛に効くのです。

Q のどの渇きがきつく排尿も少なく、嘔吐や下痢も伴うような時には?
A 五苓散(ごれいさん)がよいと思います。この五苓散は二日酔いにも効きます。

いずれも過労や冷え、睡眠不足、食べ過ぎ、緊張の連続などには十分気を付けてください。

漢方薬 漢方薬処方箋調剤 カジタ薬局
薬剤師 梶田 幸子
交野市妙見坂3の1の6
TEL 072-892-8908
※漢方のご相談はできるだけ電話予約願います。
星ヶ丘厚生年金病院、星田南病院、その他国公立・私立総合病院、一般病院の院外処方箋取り扱っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

ページ上部に