橋本 菫(すみれ)さん(枚方市走谷)
「集中力・瞬発力・筋力」が試される競技、ウエイトリフティング。スナッチ※1、クリーン&ジャーク※2の2種目各3回の試技を行い、最高点の合計を競います。自分の体重より重い重量を上げる瞬間の真剣な表情は厳しく、故障の危険性もはらんでいます。その競技に邁進する橋本菫さん(15歳)は、3月12日、埼玉県で行われた「第36回全日本ジュニアウエイトリフティング選手権大会」で53kg級に出場、ジャーク80kgとトータル139kgで見事中学日本新記録を達成しました(蹉跎(さだ)中学3年時)。
父の知人であるコーチに勧められ、小学5年でウエイトリフティングを始め、目覚ましい上達で、中学1・2・3年時と、全国女子中学校競技大会で3連覇。そして今回の快挙に。
スクワット、腹筋と体幹を鍛える練習は厳しく、自分との戦い。しかしフォームを改善し、努力を重ねることがそのまま成果へと。「記録が伸び、勝つと嬉しい!」と溌剌と話す菫さんは、家族の応援と協力に支えられ、今春高校へ進学し、部活動で新たな仲間と共に励みます。
ロンドン五輪では日本の選手が史上初の銀メダルを獲得した女子ウエイトリフティング。東京五輪開催の時、彼女は20歳。「金メダルを取りたい!」。今後の活躍が期待されます!
※1バーベルを頭上に一気に引き上げ、立ち上がる
※2バーベルを第1動作で肩まで上げ、第2動作で頭上へ引き上げる
TEL 072-859-2364

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

ページ上部に