今回は、突然目の前で人が倒れた時の救急車が来るまでの救命処置についてお話します。
誰もが驚いて頭が真っ白になりますが、救急車を呼ぶことはできると思います。落ち着いて対応しましょう。
肩をたたいて反応がなければ、周りに助けを呼びながらすぐ救急車を呼びましょう。AEDが近くにあれば誰かに頼んで持ってきてもらいましょう。
次は、呼吸をしているかどうかを見て、しっかり呼吸ができていなければ心臓が止まっている(心停止)と考えて本人を仰向けに寝かせて胸骨圧迫をしましょう
(以前は心臓マッサージと言われた)。胸の真ん中を5センチ沈み込むように100回/分程度で押すのが良いとされます。
人口呼吸は、近年意義がはっきりしないのであまり実施されません。救急隊が到着すれば、あとは任せましょう。
1 救急車を呼ぶ
2 AEDがあれば持ってきて使う。
3 救急隊が来るまで胸骨圧迫をする。
心停止時にするべきことはこの3つです。
反応があれば本人と話をしながら救急車を呼ぶか判断しましょう。反応がなくても呼吸がしっかりあれば胸骨圧迫は不要なので経過観察しながら救急隊を待ちましょう。
……………………
救急科部長 竹中 洋幸
京都大学医学部卒
京都大学大学院卒
勤務歴:京都大学医学部付属病院、市立島田市民病院、康生会武田病院
専門分野:循環器内科

枚方公済病院
枚方市藤阪東町1丁目2番1号
TEL 072-858-8233

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

ページ上部に