いよいよ2学期です。受験生にとっては本格的に志望校を決めなければならない時期でもあります。合格するためには、成績が必要であることはもちろんですが、確かな情報も大切です。皆さんもご存じの通り、大阪府の公立高校入試の制度が、今春から大幅に変更されました。当日の学力検査は、これまでの「前期・後期の分割入試」から、多くの学科で「3月の5科目入試で一本化」となり、チャンスは一度きりになったのです。また、内申点も相対評価から絶対評価に変更されました。これは公立高校だけではなく、私立入試にも影響を与えます。さらに、公立では「自己申告書」も合否に影響を与えました。このように今春の入試は大幅に変更されて実施されており、過去の情報はあてになりません。
ですから来年の受験生は、今春の結果について、しっかり情報収集することがとても大切です。
枚方市入試説明会実行委員会 TEL 072-396-4625

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

ページ上部に