今、高齢化に伴うニーズの高まりを受けて、ほとんど全業種の大手企業が介護事業に参入しています。
今後、多くの高齢者が介護で困ることは確かと思われるので、そのこと自体は必要と思われますが、介護事業で儲けようと考えておられるのであれば大変です。
一つは、参入した多くの企業が儲けることができるのであれば、国民はどれだけ莫大な介護保険の負担を強いられるのか、恐ろしい限りです。
やはり、介護保険を一切使うことなく、ニーズに応え、本業で儲けたお金を社会に貢献する目的で事業を展開していただきたいものです。
また、もう一つの不安は、介護保険を目当てにこれだけ多くの企業が参入することは、競争が激しく、重度介護認定者の奪い合いになります。
既に介護の業界では、急激にニーズが変化し始めており、老人ホームなどの箱物が余り始め、今では空きも出てきて、近い将来には、さらに空きが出すぎて困ることになるのは誰にでも想像がつきます。
それより、どうすれば介護保険に頼らないで、介護サービスを提供できるのか知恵を絞ることが大企業の社会的責任といえます。
利用者の尊厳や健康、命にもすぐに直結しますので、儲け主義では成り立たず、社会に迷惑をかける事業であると心がけていただきたいものです。
…………………………………………

ロイヤルコミュニケーション倶楽部は、中・高年の方がいきいきと輝く人生を送っておられる登録制倶楽部です。
香里ヶ丘サロン シニア講座と説明会
60歳、70歳からの趣味と生きがいづくり 〜定年退職後の日々を楽しく〜
11月14日(月)10:00〜 無料

ハイキング、史跡めぐり、季節の花観賞、グルメ、70種以上のカルチャー
お申込・お問合せ
阪急阪神ホールディングスグループ (株)ロイヤルコミュニケーション倶楽部
フリーダイヤル 0120-135-689

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

ページ上部に