1月20日に米国でトランプ大統領が誕生しましたが、米国第一主義と保護主義を唱える新大統領の政策に、今回ほど期待と不安が交錯したことはありません。
自国の利益が最優先と考えるのは、政治家として当然の考えではあるものの、「自分さえ良ければいい」という考え方と同じになるのでは困ったものです。
トランプ大統領は政治経験も、軍人経験もない、ビジネスマンが初めて大統領になったということで、政治手腕に期待と不安を持たれていますが、どんなビジネススタイルで成功したのか、その成功経験が政治家として政治や経済、軍事の政策に生かせるのかは、大変気にかかるところです。
グローバル化した自由貿易の重要性を知らないで、不動産ビジネスの成功モデルを政策に取り入れられたのでは、日本のように自由貿易で成り立っている国への悪影響は避けられません。
メキシコからの不法就労者を締め出すと言いながら、メキシコへの企業の投資を邪魔して失業者を多く生み出し、米国に更なる不法就労者を増加させるのでは賢いやり方とは言えません。
日本では近江商人の商売の心得として有名な、「売り手よし、買い手よし、世間よし」と言うビジネス精神があります。
自分だけが儲ければいいと言う考え方は感心しません。
…………………………………………

ロイヤルコミュニケーション倶楽部は、中・高年の方がいきいきと輝く人生を送っておられる登録制倶楽部です。 香里ヶ丘サロン シニア講座と説明会 60歳、70歳からの趣味と生きがいづくり 〜定年退職後の日々を楽しく〜 2月13日(月)10:00〜 無料

ハイキング、史跡めぐり、季節の花観賞、グルメ、70種以上のカルチャー お申込・お問合せ 「阪急阪神ホールディングスグループ (株)ロイヤルコミュニケーション倶楽部」 フリーダイヤル 0120-135-689

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

ページ上部に