万葉集や伊勢物語にも歌われた交野。緑豊かな山や森、清らかな水、鳥の声、美しい里。そして、太古の昔から大切に祭られる多くの石仏や寺社、仏像。星の伝説と深い歴史が伝わる、自然と文化が息づくまち。そんな交野を愛する人々が学ぶ大学があります。それは、「交野のまちがキャンパス、市民は誰でも学生」と、2013年に設立した「交野おりひめ大学」。4年目を迎え、開講式が4月16日ゆうゆうセンターで開かれました。
市民が先生や生徒になって、交野を学び、遊びながら皆の思いを集め、行動し、「まち」も「人」も元気になっていく。学びを喜び、学んだことを生かし、地域活性化を目指す市民大学です。
休耕地を活用して、そば栽培、収穫、そばを打ち、舌鼓を打った「そば学科」から始まり、「森のあーと学科」「きかく学科」「しぜん農法学科」「おさけ学科」「てがみ学科」「れきし学科」「里のしぜん学科」と、交野の資源と特性がいっぱいの8学科が活動中。今年から総合学科も加わり、生徒の声を集めて新しい学科もスタートできます。
おさけ学科の井上統弘さん(77歳)は、「炎天下、汗かき、泥にまみれ、自分たちで育てた酒米を使って、市民教授の蔵元の経営者に教わり、オリジナル日本酒『百天満天』を造り上げた時は、感無量。感動がこみ上げました」と。新入学の枚方市の藤井梓さん(26歳)も、「意欲が湧きます」と話しました。
一人ではできない夢も仲間が集えば実現できる。田や畑、森、酒蔵やギャラリーが校舎の大学では、多世代交流が広がる中、アートで交野の自然の魅力を創造する「かたのカンヴァス」から新名物・商品の開発や販売まで、魅力的な活動が続々誕生し、人が、宝が、輝いていきます。一緒に楽しみませんか。

いつでも誰でもウェルカム 生徒募集中!
いつからでも、誰でも(何歳でも、交野市以外の方も)入学できます。登録料は1学科・千円。学費の目安は学科で異なりますが0円〜3千円(共に年間)。

詳しくはおりひめ大学ホームページで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

ページ上部に