今、日本に来る旅行者は2000万人を超えています。しかし、フランスの8500万人、スペイン6800万人、イタリア5000万人を見れば、まだまだ増やせます。
外国人旅行者は、日本人よりも日本の自然や街並みの素晴らしさに感動され絶賛されます。
しかし、私たち団塊の世代が若かった頃の50年前の自然の景観はもっと美しかった気がします。とりわけ、京都や奈良の街並みやドライブウェイの山並み、それに桜の名所など、緑の木々が影響していると思われます。
一番に、桜や梅の名所の樹木が老木になっているのに、若木の植え替えができていないこと。 桜は、楠や樫などのように何百年も生きる木と違って、街中では50年が寿命で、突然倒れたりします。親の代で私たちのために若い木を植えてくれたように、私たちも子どもや孫たちのために、新しい苗木を植え、また、海外からの観光客にもいつまでも喜んでもらえるようにしたいものです。
二番は逆のパターン で、信州などの大自然をパノラマで見えていた景色がいつの間にか木が大きくなりすぎて、観光バスが走る道路の景色が台無しになってしまっています。
また、展望台に上がれ ば、周りの樹木が茂りすぎて、昔は一望できた景色が、今は全く見られないなど、観光立国への改善が必要です。
…………………………………………

ロイヤルコミュニケーション倶楽部は、中・高年の方がいきいきと輝く人生を送っておられる登録制倶楽部です。
香里ヶ丘サロン シニア講座と説明会
60歳、70歳からの趣味と生きがいづくり 〜定年退職後の日々を楽しく〜
6月12日(月)10:00〜 無料

ハイキング、史跡めぐり、季節の花観賞、グルメ、70種以上のカルチャー
お申込・お問合せ 「(株)ロイヤルコミュニケーション倶楽部」 フリーダイヤル 0120-135-689

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

ページ上部に