例年になく不安定な天候が続くためか、消化器の不調を訴える人が多いです。

Q 16歳女性。元々、胃腸が弱く、腹痛も起きやすい。食欲も落ちている。下痢、軟便が続いて、しんどく、朝も起きづらく、学校も休みがち。血圧も低いです。

A お腹を温め、胃腸の働きも整え、元気を増す作用のある附子理中湯(ぶしりちゅうとう)がよいと思います。
この薬は元々、胃腸虚弱の人だけでなく、暑さのために冷たいものを飲みすぎて、急激な下痢、腹痛、嘔吐、手足の冷え、顔も蒼白になった時にも効きます。

 日頃から暑いからといって、冷たいものの取り過ぎに気を付けてください。真夏のおすすめ料理は鍋もの。冷房をしっかりきかせ、鍋物でお腹を温めてください。

漢方薬 漢方薬処方箋調剤 カジタ薬局
薬剤師 梶田 幸子
交野市妙見坂3の1の6
TEL 072-892-8908
※漢方のご相談はできるだけ電話予約願います。
星ヶ丘厚生年金病院、星田南病院、その他国公立・私立総合病院、一般病院の院外処方箋取り扱っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

ページ上部に