お腹が急に苦しくなる病気に腸閉塞(イレウス)があり、救急外来でよく見られます。
食べた物が腸の中で先へ通らない状態で、原因も重症度も様々です。症状としては食べた物がつかえるので嘔吐や腹部膨満があり、腸の状態によって様々な程度の腹痛や発熱を伴います。
腸が特定の部位で塞がる場合(機械的閉塞)と、他疾患の影響で腸が動かなくなる場合(機能的閉塞)があります。
機械的閉塞の原因には、腸の癒着(過去の腹部手術の影響で腸同士や腸と腹壁が引っ付いているため、腸が急に折れ曲がったりねじれたり圧迫されたりする)が多く、ほかにヘルニア(腸の一部がお腹の端にある小さなポケットにはまり込む)、がん、停留した糞便などがあります。腸が頑張って動くので間欠的な腹痛が起こります。また、腸が強くねじれたり圧迫されると血流障害から壊死する(腐る)ことがあり、痛みや発熱も強く持続して命に関わるので、緊急手術が必要なことがあります(絞扼性(こうやく)腸閉塞)。
機能的閉塞の場合はそれ自体で急に重篤になることは少なく、むしろその原因になっているお腹の炎症疾患や糖尿病などの評価と治療が大事になります。
……………………
救急科部長 竹中 洋幸
京都大学医学部卒
京都大学大学院卒
勤務歴:京都大学医学部付属病院、市立島田市民病院、康生会武田病院
専門分野:救急・総合診療科

枚方公済病院
枚方市藤阪東町1丁目2番1号
TEL 072-858-8233