子どもさんに「今のうちからしっかりと将来の人生設計を考えておきなさい」などと言う時があります。では「人生」とは?それは自分が歩んできた自分史だと私は考えています。
そして、この自分史は「ライフイベント(人生での出来事)」によって変化していきます。例えば結婚、出産、子どもの成長、出会い、病、死別、就職、転職、老い、離婚、宗教等々、人生には幾多の出来事が起こります。具体例を挙げると「あの人と出会って私の人生が変わった」「信心して人生が変わった」などです。そこで人生という言葉を「人生観」と表現を変えてみましょう。人生観が変わるということは、すなわち性格が変わることなのです。
私事で恐縮ですが、1か月前に肋骨を折るという出来事が起こりました。未だにコルセットと杖が必要な生活です。その時に「家庭の医学書」でどの辺りが折れているのか調べました。驚きです!全ての骨には体を守る役割があるのです。骨折するまでは骨に感謝したことなどなかったのですが今では大感謝です。
故にどのような出来事が起こっても、そこから何かを学ぶという考え方を子どもさんにお伝えください。

「関西カウンセラーズ研究会」を主宰し、勉強会を開催しています。
ご見学・体験お気軽に。
お問合せ/伊藤まで TEL 090-3869-8479
……………………
元暴走族から更生、教師を経てカウンセラーに転身。現在、カウンセリング、並びに各地での講演活動を実践。テレビ、ラジオなどにも出演。

こころの教育Q&A 子どもの心理を知ろう
関西カウンセラーズ研究会

心理分析室 深田昭一(上級教育カウンセラー)