枚方・交野地区自然体験クラブ主催

新緑の中、吊り橋で空中散歩

交野、枚方の豊かな自然を子どもたちに親しんでもらいたいと、シニア自然大学校で自然や環境について学んだ人たちがリーダーとなり進める「交野子ども自然体験クラブ」(「子どもゆめ基金助成活動」)が5月から12月まで月1回開かれています。2回目の活動は6月17日、交野 市・ほしだ園地へハイキングに。枚方市・交野市などの小学生23人が参加し、里山の自然を楽しみました。
京阪私市駅に集合、植物・昆虫を見つけるなど16個の課題に取り組みながら星のブランコまで歩きます。身近に見ることの少なくなったカタツムリを探したり、リーダーに野草の名前を教えてもらったり、驚きと発見がいっぱい。

坂の途中でひと休み。
お茶を飲んで、あともう少し!

汗だくで坂道を登り、大きな吊り橋を渡る時は「恐い、揺らさないで!」「恐くないよ」と元気な声が飛び交いました。昨年から続けて参加の小田航史郎君(菅原小5年生)は 「たくさん歩くのは大変だけど楽しい。来月のキャンプも高学年としての役割もあるので嬉しい」と話しました。
子どもたちが楽しく遊びながら、自然を大切にする気持ちを育てるだけでなく、学校、学年を超えた交流ができるこの活動は、7月からでも参加できます!(交野及び近隣の小学生対象)

お問い合わせは、同クラブ堀内まで。
TEL 090-9056-6925