枚方公済病院シリーズ:鼻出血

今回は鼻出血、「はなぢ」のお話です。子どもに多いですが実は高齢者にも多いです。
指などの刺激で出ることが多いですが自然に出ることもあります。多くは鼻の孔から1〜2cm程入った内側(キーゼルバッハ部位)に出血点があります。この場合は圧迫止血が有効で、ティッシュや脱脂綿などを詰めて外側から出血点を指で圧迫すれば通常は5分程で止血できます。血がのどの奥に入らないように座って下を向いて圧迫しましょう。詰め物が鼻粘膜に付着すると取り出す際に再出血するのでワセリンなどの軟膏やゼリーを塗って入れる方が賢明です。
しかし、ここで問題なのは出血点が指の届く範囲よりも奥にある場合で、高齢者に多く、出血点を圧迫できません。
また、血圧が高かったり抗血小板薬や抗凝固薬を飲んでいる方は止まりにくくなります。止まらないと医療機関での処置が必要で、救急車で病院を受診されることも多いです。
たかが鼻出血と言えど、のどに垂れ込むと肺炎を起こしたり呼吸困難になることもあり要注意です。また、繰り返し出血する場合は、鼻の中にでき物があったり全身的な病気があることもあります。止まらなかったり繰り返す場合は医療機関を受診しましょう。
……………………
救急科部長 竹中 洋幸
京都大学医学部卒
京都大学大学院卒
勤務歴:京都大学医学部付属病院、市立島田市民病院、康生会武田病院
専門分野:救急・総合診療科

枚方公済病院
枚方市藤阪東町1丁目2番1号
TEL 072-858-8233

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です