枚方公済病院シリーズ:大動脈解離(だいどうみゃくかいり)

突然胸や背中に痛み・苦しみを自覚する、命に関わる病気というと心筋梗塞が有名ですが、大動脈解離もその一つです。
大動脈の壁は3層構造(内膜・中膜・外膜)になっています。一番内側の内膜の一部が突然に破れて穴が開くと、そこから血流が内膜の下に潜り込んで連続的に内膜をはがして浮き上がらせていきます。多くは病変が胸部大動脈から始まり、お腹から足の付け根まで及ぶことがあります。
上行大動脈(心臓との接続部)に病変があると心臓の周囲に出血しやすく危険なので緊急手術の適応になることが多いです。また、大動脈から枝分かれしている血管が塞がることがあって心筋梗塞・脳梗塞を始め、あらゆる臓器障害が起こり得ますし、大動脈の弱くなった部分が破裂することもあります。
世の中で一番痛い病気とも言われて激しい痛みを自覚することが多く、病変が進んでいくことで痛みの部位が移動していくことが多いのが特徴です。
この恐ろしい病気を発症する人には先天的に動脈の壁が弱い特殊な病気の人もいますが、ほとんどは血圧が高いまま放置されている人です。普段から血圧が高い人は投薬をしてでもしっかり血圧管理をしましょう。
……………………
救急科部長 竹中 洋幸
京都大学医学部卒
京都大学大学院卒
勤務歴:京都大学医学部付属病院、市立島田市民病院、康生会武田病院
専門分野:救急・総合診療科

枚方公済病院
枚方市藤阪東町1丁目2番1号
TEL 072-858-8233

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です