ジュニアオリンピックでW銀!

『ジュニアオリンピックでW銀!』

かわいい2人のアスリートが、全国大会で大活躍しました!
久野夢真さん(5年生)と大橋信君(5年生)が8月22日から26日に東京辰巳国際水泳場で開催された「第42回全国JOCジュニアオリンピックカップ」に出場。久野さんはバタフライ50m、大橋君は平泳ぎ50m(共に10歳以下の部)で見事2位に輝き、銀メダルを獲得しました。

努力の成果のメダルを胸に、「次は1位に!」と意欲満々



「水泳が大好き!」という2人は共に星田スイミングスクール(交野市星田西)の育成コースで頑張っています。1週間に6日間プールに通い、1日に3キロを泳ぎ、土・日曜には朝練、長期休み期間には合宿に参加も。久野さんは黙々と堅実に頑張るタイプで、大橋君は明るく、雰囲気を盛り上げるムードメーカー。性格はそれぞれ違いますが水泳への熱い思いは同じで、「練習が足りない、もっと練習をしたい!」と元気に話します。

同大会は18歳以下のジュニア世代のトップスイマーたちが集い、実力を競い合うもので、10歳以下の部は最年少クラス。指導する星田スイミング・高島輝コーチは「オリンピックを目指す選手たちのまず第一歩。まだ先は長いけれども、ここまで頑張れたことを励みに、新しい目標に向かっていってほしい」と、2人への期待を話しました。

「銀メダルをもらえたのは嬉しかったけれど、2位なので悔しい」と共に口を揃え、次への闘志を垣間見せます。久野さんは「ライバルに勝ち、次こそ1位に」、大橋君は「日本代表を目指す選抜メンバーに入りたい」と練習を積み重ねています。目指せ、オリンピック!さらなる活躍が期待されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です