枚方公済病院シリーズ:頭痛

 頭痛は誰もが経験する症状ですが、軽いものから激しいものまで、問題のないものから危険なものまで実に様々です。今回3群に分けてお話します。
 1群目は、誰もが日常で繰り返し一時的に経験する頭痛です。二日酔い・感冒・気圧の影響などによるもので、原因が改善すれば自然に治まるものです。
 2群目は、慢性の頭痛持ちの方が原因無く繰り返し経験する頭痛です。特徴から片頭痛・筋緊張性頭痛・群発頭痛の3つに分けられます。
 3群目は、脳の病気の発症に伴う頭痛です。くも膜下出血・脳出血・脳腫瘍・髄膜炎・脳動脈解離など命に関わったり後遺症を残す可能性のある危険な頭痛です。
 前者2群は鎮痛剤投与など対症的処置で改善するのを待ちますが、3群目はすぐに原疾患の精査と治療が必要です。
 3群目の頭痛の特徴は今まで経験がない症状であることで、痛みが激しい・ある瞬間に突然激しい頭痛を自覚する・繰り返す度に痛みが強くなる・ほかの症状(発熱・手足のしびれや脱
力・痙攣・意識障害など)を伴うなどの特徴があります。
 辛い頭痛があればもちろんですが、特に今までに経験が無い頭痛を自覚すれば医療機関に相談しましょう。
……………………
救急科部長 竹中 洋幸
京都大学医学部卒
京都大学大学院卒
勤務歴:京都大学医学部付属病院、市立島田市民病院、康生会武田病院
専門分野:救急・総合診療科

枚方公済病院
枚方市藤阪東町1丁目2番1号
TEL 072-858-8233

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です