2020年 枚方・交野・寝屋川 市長年頭挨拶

市民とともに未来輝く枚方を実現

さらなる改革、そして成長へ
枚方市長 伏見 隆
枚方市長 皆様には、新年を健やかにお迎えのことと心からお慶び申し上げます。
昨年9月、市長選挙の結果、信任をいただき、引き続き市政を担わせていただくこととなりました。徹底した行財政改革とともに未来への投資を進め、「選ばれるまち」への評価をより確かなものにしていく決意です。本年4月には、待機児童対策を進める上で喫緊の課題である保育士不足に対応するため、私立保育所(園)等の保育士等(正規雇用の常勤)に最大年12万円を支給するなど、子育て環境の充実を図ります。また、今夏には、公園と一体的に整備し緑を楽しみながら読書できる香里ケ丘図書館がリニューアルオープンします。
そして、今年は東京2020オリンピック・パラリンピック。4月14日には、聖火が岡東中央公園にやってきます。こうした機運も捉えながら、今後も様々な主体との協働に取り組み、未来輝く枚方の実現に邁進してまいります。
結びに、本年が皆様にとって幸多い素晴らしい一年となりますことを祈念申し上げます。

魅力あふれるまちづくりへ

市民との共有・共感を大切に!
交野市長 黒田 実

交野市長 皆様には、新年を健やかにお迎えのことと心からお慶び申し上げます。
昨年も全国各地で自然災害が発生し、特に台風19号は甚大な被害をもたらしました。被災地の早期復旧・復興をお祈り申し上げます。
交野市はここ最近、子育て世代が移り住む状況が続いています。若い世代にさらに魅力と安心を感じていただけるよう、市独自の保育料軽減や小中一貫教育の推進、IoT技術を活用した通学児童の見守りサービス導入などを進めてまいりました。
子ども・現役世代・シルバー世代の元気な暮らし、3世代の支え合いによる地域活力の維持と、第二京阪道路を活かし、住民誘致、企業誘致につながる都市基盤整備や産業活性化、雇用創出など、まちの成長を目指した取り組みを今年も市役所一丸となって進めてまいります。
オリンピックイヤーとなる本年が、夢・希望・勇気に満ち、皆様にとりまして幸多き一年となりますよう心からお祈り申し上げます。今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

市民の生活を守る

皆様から選ばれるまちづくりを
寝屋川市長 広瀬 慶輔

 明けましておめでとうございます。
皆様には、輝かしい新春を健やかにお迎えのこととお慶び申し上げます。
さて、昨年4月に執り行われました寝屋川市長選挙におきまして市民の皆様からのご支持を頂き、伝統ある寝屋川市の第9代の市長としてその重責を担うこととなりました。
また、本市は昨年4月1日に中核市となり、今までよりも大きな権限を持つまちとなりました。
本市といたしても、いじめ問題に迅速に対応する「監察課」の設置をはじめ、自治体としては全国初となる「完全フレックス制」の導入、シルバー世代の皆さんや妊娠中の皆さんが電話一本で無料で利用できる「乗合いワゴン」の実験導入など、様々な施策・事業を行ってまいりました。
今後も寝屋川市が皆様から選ばれるまちとなるよう、全力で取り組んでまいります。
結びになりましたが、皆様方にとりまして素敵な一年となりますことをご祈念申し上げ、私の新年の挨拶といたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です