エールよ届け!〜枚方市内企業がマスクなど寄付〜

エールよ届け!
〜枚方市内企業がマスクなど寄付〜

枚方パートナーシップス(株)岡部宏明
代表取締役(右)からマスクが枚方市に



市民のためにー。新型コロナウイルス感染症拡大を受け、枚方市に同市内の企業などから善意が寄せられています。
マスクやガーゼが深刻な品不足。ひっ迫した医療機関や福祉施設、保育所などにと、星揮・初田製作所・アカカベが医療用マスク、タナカガーゼが医療用ガーゼ、安積建設・ナカキンが化学防護服などを寄贈。商業施設ビオルネを運営する枚方パートナーシップスは、同施設の開業30周年事業が中止、代わる社会貢献にと、マスク5万枚を寄付しました。
また、関西外国語大の留学生、盛苡甄さんが友人の働く中国蘇州・白駒テクノロジー有限会社と枚方市を橋渡しし、マスクが寄贈されました。
さらにそのほか多くの申し出も続々と。「役に立ちたい」との思い、届け!未曾有の厄災にくじけないで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です