知っ得 英語学習 Vol.2:中学校の英語は 表現力

学校の英語はまさに過渡期!

 今年度より中学校英語は具体的にどう変わったのでしょうか。
 まず、覚えないといけない単語の数が倍以上に増えました。小学校で700語程度知っているという前提で、中学校ではハイレベルな難しい単語も出てきます。
 2点目は、高校で習っていた文法が前倒しで入ってきた点です。現在完了進行形、仮定法なども中学で学びます。
 3点目は内容で、文化・環境問題・人種問題などの社会的テーマが多く扱われています。難しい単語が増えているのも、この影響だと思います。
 そして最後は、内容を理解するだけでなく、話し合いや発表などにつなげていくという点です。
 「単語と文法を覚える」+「考えて自分の意見が英語で表現できる」能力が求められています。
 家庭で新聞を読んだり、ニュースを見て親子で話し合ったり、分からないことを調べるというような日々の取り組みが大切になってきそうですね。
 「ローマは一日にして成らず」。これらの学習も、まずは語彙・文法の基礎固めから。英語教育のご相談は何なりと!!

アルクKC英語教室〈枚方市長尾家具町〉
TEL 090-6758-1134

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です