今回からは前立腺がんについてお話ししたいと思います。
 前立腺とは、男性にのみある臓器で、膀胱の下、尿道を取り囲むように位置し、精液の一部を作る働きをしています。年齢とともに大きくなると、オシッコが出にくくなる前立腺肥大症という病気を引き起こすことで知られていますが、もっと怖いのは、がんができることも珍しくないということです。
 前立腺がんは、もともとは欧米人に多かったのですが、わが国でも最近、急増し、2020年には男性では肺がんに次いで2番目に多いがんになると予想されています。また、その死亡率も2000年の約2・8倍になると推定され非常に重要な病気の一つになっています。
 前立腺がんは、進行が比較的遅いタイプが多く、早い段階で見付かれば根治も可能です。このため、今では多くの自治体で、早期発見のために前立腺がん検診が行われています。検診の方法としては血液検査で前立腺特異抗原…PSAという、前立腺が産生する特殊なたんぱく質の値を測定する方法が一般的です。枚方市でも500円の実費がかかりますが、2007年より50歳以上の男性を対象に前立腺がん検診を実施しています。
 特に肉親の方で、この病気にかかった人がいる場合はがんの発生率が高くなるとされていますので、ぜひ検診を受けることをお勧めします。

泌尿器科部長 百瀬均院長 大山信雄先生
星ヶ丘厚生年金病院 
枚方市星ヶ丘4-8-1 TEL072-840-2641

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL

*

ページ上部に