病気であって病気でない。最近のストレス社会では、肩こりに悩んでおられる方も多いです。
肩の重さを取って、心も体もすっきりしましょう。

Q 何となく肩がこって首の後ろも重い感じ。
A この程度なら葛根湯を一服。熱いお湯に溶かして服用します。
Q 34歳男性。仕事上、コンピューターの操作が多く、首、肩が重い。精神的にも疲れている。
A 血の滞りを改善し、精神的な疲れを取る作用のある生薬二号方がいいでしょう。
Q 50歳女性。慢性的な肩こりあり。現在は四十肩とも言われている。
A 麻杏 甘湯と桂枝茯苓丸の併用をお勧めします。筋肉を緩め、血の滞りも改善する作用があります。

いずれの場合も自分に合った運動も心掛けてください。

漢方薬処方箋調剤 カジタ薬局
薬剤師 梶田 幸子
交野市妙見坂3の1の6
☎072(892)8908
※漢方のご相談はできるだけ電話予約願います。
星ヶ丘厚生年金病院、星田南病院、その他国公立・私立総合病院、一般病院の院外処方箋取り扱っています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

ページ上部に