どっちが幸せ?ーさざえvs.人間ー
さざえA「しばらく顔見なんだが?」
さざえB「いや、ちょっと外遊にな」
A「外遊?これはおしゃれな!!」
B「ちょっと鯨に誘われてな」
A「何んぞ珍しいもん見てきたか?」
B「文明ちゅうもんをまざまざと見てきた」
A「文明?聞きなれん言葉やなあ」
B「文明はな、蜜蜂の巣箱みたいなもんや。甘い匂いに人間がぶんぶん集まって来よる。まあ玩具箱をひっくり返して天まで積み上げたと思てみ」
A「ゴージャスやな。そんなん欲しいなあ」
B「文明はな、手が二本ついてないと作れんのや。人間の特技や」
A「手なあ」
B「ところが手は悪い事もしよる。人間はそれで困っとるそうや」
A「悪い事て?」
B「強盗、殺人、傷害、放火、エトセトラや」
A「エトセトラな。それ恐いな、いややな」
B「手は使い様しだいでな」
A「その点、さざえは安心や」
B「さてなあ」
・・・そこでさざえは腕組みをしてつくづく考えたそうな。

 今月の一枚「海の詩」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
文・作品 津嶋 晴秋
つしま造形教室主宰 陶芸家・画家
筆者略歴 S13年生まれ。星田村(現・交野市星田)で幼少期を過ごす。大手前高卒、慶應義塾大中退。大病を機に50歳で陶芸を始める。陶芸・絵画等の個展4回。現在交野で、つしま造形教室を主宰。
☎072(891)9489

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

ページ上部に