2011年度から英語が、小学5・6年生で週1回の「外国語活動」として必修化されましたが、2013年度には、専門家会議を設け、実施学年や効果的な指導法を研究。何年生からの指導が効果的か、授業時間数の増加や教員が低学年・中学年に適切に指導できるかを調べ、次の学習指導要領の実施の時には、小学4年生以下の必修化を視野に入れているそうです。
枚方市、寝屋川市は既に英語教育特区であり、大阪市では、小学1年生から英語授業を行う案がまとめられました。グローバル化が加速する中、英語教育も大きく変化してきています。
学校現場と実社会のニーズとの時間差が大きいように感じてなりません。今はまだ学校で英語を習っていない年齢の子どもたちが、英語学習をする意義がここにもあるように思います。

Grace English School
TESOL(英語教授法)
修士 嶋村 久美子
交野市郡津・星田山手教室
TEL 072-893-1231 TEL 090-5881-9858
http://homepage3.nifty.com/grace-english/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

ページ上部に