既に花粉がたくさん飛び、花粉症のシーズンです。今回は効果のある漢方薬についてお話ししたいと思います。
Q くしゃみの連続。鼻水も出てつらい。
A これは小青竜湯(しょうせいりゅうとう)を。
Q 体が芯から冷えて寒い。手足も冷たい。
A そんな時は麻黄附子細辛湯(まおうぶしさいしんとう)です。。
Q 鼻の奥がはれぼったく重い。鼻閉がある。
A 荊芥連ぎょう湯(けいがいれんぎょうとう)です。
Q 鼻水がやや慢性的に出て、詰まって苦しい。
A 辛夷清肺湯(しんいせいはいとう)を。
Q やや慢性化して鼻閉、首すじや肩がこり、のどの奥に鼻が流れているような感じ。
A 葛根湯加川きゅう辛夷(かっこんとうかせんきゅうしんい)が良いです。
いずれの場合も、体が冷えると症状がきつくなります。冷たい水やお茶、ビールなどでおなかを冷やさないようにしてください。
漢 方 薬

漢方薬処方箋調剤 カジタ薬局
薬剤師 梶田 幸子
交野市妙見坂3の1の6
TEL 072-892-8908
※漢方のご相談はできるだけ電話予約願います。
星ヶ丘厚生年金病院、星田南病院、その他国公立・私立総合病院、一般病院の院外処方箋取り扱っています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

ページ上部に