ここ数年前から咳の長びく人が増えています。このくらいの咳と思って油断していませんか?実はアレルギー性の咳で、慢性になる場合が多いのでご注意ください

Q まず初期のコンコンコンコンと、乾いたような咳には。
A 五虎湯(ごことう)ですね。

Q 水鼻も出て痰も薄くたまる湿性の咳には。
A 小青竜湯(しょうせいりゅうとう)ですね。

Q きつい咳と痰でややのぼせ感がある時は。
A 麦門冬湯(ばくもんどうとう)です。

Q こじらせた咳で微熱が続き、咳で胸も痛み、食欲もない時は。
A 柴胡桂枝湯(さいこけいしとう)や柴陥湯(さいかんとう)が良いです。

Q ずっと長く続いているような咳の時は。
A 参蘇飲(じんそいん)や五虎二陳湯(ごこにんちん)が良いです。

最後の2つの症状は、区別しにくいですから医師、薬剤師にご相談ください。

漢方薬 漢方薬処方箋調剤 カジタ薬局
薬剤師 梶田 幸子
交野市妙見坂3の1の6
TEL 072-892-8908
※漢方のご相談はできるだけ電話予約願います。
星ヶ丘厚生年金病院、星田南病院、その他国公立・私立総合病院、一般病院の院外処方箋取り扱っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

ページ上部に