冬場や夏の冷房の時期と同じくらい今の梅雨期は、足や膝、腰、肩、腕が痛む人が多いようです。

Q 68歳女性。年中、体が冷えて、腰、臀部、大腿部がひきつるように痛く、困っています。
A 血液の滞りをスムーズにする生薬(当帰(とうき)、芍薬(しゃくやく)、川キュウ(せんきゅう)、地黄(ジオウ)など)の含まれる疎経活血湯(そけいかっけつとう)がいいでしょう。

Q 43歳女性。腰から下の冷えと痛み、頻尿に困っています。職場の冷房はきついです。
A 氷水につかっているように冷える人には、下半身を温める働きがある苓姜朮甘湯(りょうきょうじゅつかんとう)がいいでしょう。最近の社会環境で男女とも年中、体の冷え、低体温で困られている人が多いですね。日頃から体を温めるような食事を心がけてください。

漢方薬 漢方薬処方箋調剤 カジタ薬局
薬剤師 梶田 幸子
交野市妙見坂3の1の6
TEL 072-892-8908
※漢方のご相談はできるだけ電話予約願います。
星ヶ丘厚生年金病院、星田南病院、その他国公立・私立総合病院、一般病院の院外処方箋取り扱っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

ページ上部に