お母さん待って!
5月13日、京田辺市花住坂の住宅街に、何と10羽ものひな鳥を連れたカルガモの親子が。
お母さんとはぐれないよう小さな歩幅ながら、けん命に歩く姿を、住民たちは目を細めて温かく見守りました。
撮影/下川正子さん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

ページ上部に