今夏は暑さのせいか例年より膀胱炎の人が多いように思います。
Q 57歳女性。普段から胃腸が弱く、軟便にもなりやすく、疲れやすい。冷房で下半身が特に冷え、ちょっとしたことですぐ膀胱炎に。またなるのでは?いつになればならなくなるのかと、不安でたまりません。残尿感と尿道の不快感が取れません。
A 膀胱炎への不安感、不快感が高じて、なお一層、治りにくくしてしまっていると思います。心配を鎮め、排尿を促す「清心連子飲(せいしんれんしいん)」が良いと思います。しばらく続けてください。なお、急性の場合は、その時の症状に合わせて「猪苓湯(ちょれいとう)」や「竜胆瀉肝湯(りゅうたんしゃかんとう)」などがあります。
早目の服用ですぐ効いてきます。この場合は3〜5日服用で大丈夫です。ご相談ください。
☆医療事務募集しています
お気軽にお問い合わせください。

漢方薬 漢方薬処方箋調剤 カジタ薬局
薬剤師 梶田 幸子
交野市妙見坂3の1の6
TEL 072-892-8908
※漢方のご相談はできるだけ電話予約願います。
星ヶ丘厚生年金病院、星田南病院、その他国公立・私立総合病院、一般病院の院外処方箋取り扱っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

ページ上部に