枚方市東部、田園風景が広がる穂谷地区は、「にほんの里100選」にも選ばれた美しい里山。秋の気配が訪れ始めた10月9日、農業とのふれあいを通して里山に親しんでもらおうと、「収穫の秋 穂谷」が開催され、約1万5千人もの人々が訪れ、地元農家が丹精込めて育てた黒豆枝豆やさつまいもの収穫、風に揺れ咲きそろうコスモスやひまわりの畑で遊んだり、摘み取りをと、楽しみました。
例年大人気の穂谷産新鮮野菜の大朝市は、行列ができ、すぐさま完売する品も。また、地元の畜産業者が飼育する牛の絞りたて牛乳や、次々と威勢よく、ぺったんぺったんとついては出来上がるきな粉餅などの格別のおいしさに皆、大喜び。仔牛の放牧コーナーでは、穏やかな牛の優しさに安心し、愛おしそうになでる子どもたちや、ドジョウつかみコーナーでは、真夏のように濡れてもへっちゃらで、何とかしてつかもうと追いかける姿に元気が弾けていました。
澄んだ空気に包まれ、広がる棚田の稲穂は黄金色に輝き、里の秋の美しさは、それぞれの五感に響いていきます。野鳥や虫の声も聞かれ、少し足を延ばせば、こんなに素敵な地域があることがうれしく、感謝せずにはいられません。自然を愛する心を持ち続け、いつまでも守っていきたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

ページ上部に