数年前から咳がなかなか止まらない、治らないという人が非常に増えています。
Q 40歳男性。この季節になっていったん出始めると何の薬を飲んでも止まらない。漢方で何とかならないか?
A このタイプの咳が多いですね。長引くとイライラ感も出てきますし、胃腸の調子も悪くなってきます。そのような時は気持ちも落ち着かせる作用のある半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)がよいのですが、咳の状態によって六君子湯(りっくんしとう)や、四君子湯(しくんしとう)、麻杏甘石湯(まきょうかんせきとう)、小柴胡湯(しょうさいことう)、小青竜湯(しょうせいりゅうとう )などを加味しながら服用するとよいと思います。加味するのは症状によって異なりますので、必ず医師、薬剤師に相談してください。
普段からまず体を冷やさないことが大切です。鍋物など心も体も温まる食事をしてください。片栗粉などでとろみをつけるのもいいでしょう。

漢方薬 漢方薬処方箋調剤 カジタ薬局
薬剤師 梶田 幸子
交野市妙見坂3の1の6
TEL 072-892-8908
※漢方のご相談はできるだけ電話予約願います。
星ヶ丘厚生年金病院、星田南病院、その他国公立・私立総合病院、一般病院の院外処方箋取り扱っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

ページ上部に