今年の花粉も例年より多い予報が出ています。くしゃみ、鼻水、鼻づまり、頭重、頭痛、微熱、思考力の低下…。とにかくしんどくて、何とかならないか…とつらいですよね。花粉症には、早めの手当てが大切です。

くしゃみと鼻水でつらい方は、すぐに小青竜湯(しょうせいりゅうとう)や麻黄附子細辛湯(まおうさいしんぶしりゅうとう)を。

鼻水が出やすい人は、苓桂朮甘湯(れいけいじゅつかんとう)と当帰四逆加呉茱萸生姜湯(とうきかごしゅゆしょうきょうとう)を併用。

目のかゆみもある人は、苓桂朮甘湯(れいけいじゅつかんとう)と黄連解毒湯(おうれんげどくとう)を併用ください。

鼻閉がきつい人は、葛根湯加川芎辛夷(かっこんとうかせんきゅうしんい)や荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)がおすすめです。

私の経験から、冷え性で胃腸が弱く、冷たいものを飲み過ぎる人は症状が強く出ます。日頃からおなかを温める食べ物を取る習慣をつけるよう心がけてください。特に夏でもご注意ください。

漢方薬 漢方薬処方箋調剤 カジタ薬局
薬剤師 梶田 幸子
交野市妙見坂3の1の6
TEL 072-892-8908
※漢方のご相談はできるだけ電話予約願います。
星ヶ丘厚生年金病院、星田南病院、その他国公立・私立総合病院、一般病院の院外処方箋取り扱っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

ページ上部に