先月号では「嫌われる勇気」に対しての私見を述べました。前号でご紹介しました通り、嫌われる勇気を反面的な観点から述べさせていただきます。
心理学の分野で「すべての人間は自己愛を高めるために生きている」と言われています。つまり自分で自分の評価を高めることですね。しかしながら、この自己愛はいくら自分で努力しても高まらないのです。
では、どうすれば自己愛が高まり、自己肯定感を持って生きていけるのでしょうか?それは他者からの「ホメ言葉、評価」しか手段、方法はないのです。いくら高級車でもガソリンがなければ動かないのと同じです。そのガソリンこそが前述の「ホメ言葉、評価」なのです。
当カウンセリング研究会においても講義後に「今日の講義、勉強になりました」「気持ちが楽になりました」などの評価を頂くと「次はもっと評価を得られる内容にしよう!」と自己愛が高まりバージョンアップ講義ができるのです。人は皆、一人では生きていけない…も同等の意味なのでしょう。
最後に、嫌われることに勇気を使うなら、もっとほかのことに勇気を使うように子どもさんにお伝えくださいね。

「関西カウンセラーズ研究会」を主宰し、勉強会を開催しています。
ご見学・体験お気軽に。
お問合せ/伊藤まで TEL 090-3869-8479
……………………
元暴走族から更生、教師を経てカウンセラーに転身。現在、カウンセリング、並びに各地での講演活動を実践。テレビ、ラジオなどにも出演。

こころの教育Q&A 子どもの心理を知ろう
関西カウンセラーズ研究会

心理分析室 深田昭一(上級教育カウンセラー)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

ページ上部に