Q 不妊治療について教えてください。
結婚して3年、子どもができないのが悩みの35歳主婦です。治療方法など詳しく知りたいのですが。

A 赤ちゃんが欲しいご夫婦が結婚して1年経っても妊娠の兆候が見られない場合を一般的には不妊症といいます。その夫婦の割合は約15%といわれています。不妊の原因は女性側が約60%、男性側が約40%といわれ、それらには、
①正常な卵子が排卵されない(排卵障害)
②正常な精子が射精されない(男性因子)
③排卵された卵子が卵管に取り込まれない(卵管因子)
④精子が子宮卵管を登っていかない(頚管粘液異常、卵管因子)
⑤受精卵が子宮に着床しない(子宮因子)
⑥妊娠を維持する黄体ホルモンが分泌されない(黄体機能不全)
⑦その他(原因不明)などの原因があります。
不妊症の治療には、一つの方法で妊娠に至らなくても様々な選択肢とステップがあります。
ステップ1 不妊治療の基本、タイミング療法。排卵誘発剤を使用することもあります。
ステップ2 精子が少ない、精子の動きが良くない、頚管粘液不全などの場合に人工授精があります。
ステップ3 高度生殖補助医療(体外受精・胚移植)及び顕微授精・胚移植があります。
アメリカの大学病院で最先端から一般まで広範囲の不妊治療を重ねた経験を生かし、最良の治療を行います。
まずはご相談ください。
…………………………………………

回答 医学博士 理事長 岩浅 義彦先生
アメリカ医学会会員、元鳥取大学教授、パンパシフィック外科系学会評議員、日本不妊学会評議員、米国産婦人科学会員、国際外科学会員、米国不妊学会員
イワサレディースクリニック
産科・婦人科・小児科・麻酔科
枚方市香里園町9-22 「香里園」駅下車3分
TEL  072-831-1666

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

ページ上部に