皆様、新年明けましておめでとうございます。
今年はいぬ年です。本年もナンバー・ワンを目指して頑張る所存ですのでどうぞよろしくお願いします。
今回は心臓CT検査についてお話しさせていただきます。これまでCT検査は心臓の撮影には不向きでした。心臓は拍動で常に動いているので画像がブレてしまうからです。例えるならコンパクトカメラで走る新幹線を撮るようなものでしょうか。
2000年頃になり高性能CTが開発されたことで、約10秒程度の息止めと造影剤の使用が可能であれば、綺麗な心臓の血管画像が得られるようになりました。以前なら心臓の血管を調べるには入院し、カテーテル検査を行うしかありませんでしたが、心臓CT検査が登場したことで、より安全かつ簡便に心臓の血管の詰まり具合が分かるようになったのです。低侵襲で入院も不要で体に優しく、金額も3割負担で1万円程度と懐にも優しいことから、狭心症・心筋梗塞の画像診断として積極的に活用されています。
当院では予約なしでも心臓のCT検査がいつでも可能ですので、心臓が心配な方はぜひ検診も兼ねてお越しください。

毅峰会 吉田病院(枚方市北中振3-8-14)
TEL 072-833-1831
循環器内科部長 木戸 淳道
……………………
京都府立医大医学部卒業
日本循環器学会専門医
日本心血管インターベンション治療学会専門医・施設代表医

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

ページ上部に